有限会社 レンテック
〒194-0023 東京都町田市旭町3丁目14−3
TEL 042-725-6267 E-Mail : info@lentek.jp
「NM−1」_TOP
1

  「NM-1」 テスト車両
ミラ トコット静音化



 1.「NM−1」テスト車両

 2.ミラ トコット静音化
   (0)はじめに
  (1)コラム カバー
  (2)カウル トップカバー
  (3)ボンネット解除ワイヤー
  (4)ボンネット解除レバー奥コネクター
  (5)ダッシュパネル アウター インシュレーター
  (6)エンジン コントロール ユニット (ECU)
  (7)ボンネット クッション
  (8)左右ボンネット クッション追加
  (9)ボンネット インシュレーター
  (10)ボンネット ステー
  (11)リア シートベルト リトラクター
  (12)リア シート
  (13)その他 (
エーモン 静音計画)
  (14)使用材料





1.「NM−1」テスト車両

 近年の車は、殆ど全ての車両が電動パワステになりましたので、普通車(登録車)、
軽自動車、車両価格の高低に関わらず、良好なオンセンタ−フィール(直進走行感)や
ステアリングインフォメーションを感じられる車は、ほぼ皆無ですが、
安価な軽自動車のミラ トコットでも、「NM−1」を取り付ければ、高額車を越えた、
快適な操舵フィーリングに変わります。

ミラ トコット G”SA V”
 トコットは、比較的安い軽自動車ですが、カーテンシールドエアバッグを全グレード、スマート
アシストVをぼぼ全グレードに装備するほか、四角いボデー形状、角度が立って視界を遮らない
デザインのAピラーなど、車両周辺が目で確認し易く、さらに、パノラマモニターは安価に取り
付け可能など、色々な面から安全に配慮されている優れた車です。
さらに、下記の静音化ができれば、機能的には何も不満が無くなります。





2.ミラ トコット静音化


(0)はじめに

 ここで紹介する内容は、弊社のテスト車両だけの固有の現象かも知れませんし、
もしかして、メーカーもユーザーも 「軽自動車は、この程度で問題無い」と判断している
のかも知れませんが、テスト車両のミラ トコットは、ハーシュネスの特性に関しては、
かなり劣るように思います。

 ハーシュネス(注1)と言うと、通常は、舗装路の継ぎ目や段差など、ある程度大きな突起を
通過したときの衝撃音と振動について論じられることが多いですが、
トコットの場合は、それ以前に、通常の滑らかなアスファルト舗装の道路では静かなのですが、
近年その施工が多くなった排水性舗装や透水性舗装(注2)など、小さな突起が連続している
道路を 20km/hで走行する程度でも、その間ずっと、不快なビビリ音が賑やかに発生します。

 そこで、弊社では各種の対策を行い、上記のビビリ音を抑制し、かなり静音化しました。
しかし、トコットは、価格を抑えることと、重量を軽くするため、制振材や遮音材が少ない、
また、重量が 720kg
と軽いことと、タイヤ空気圧が260kPaと高いので、車体が振動し易いなど、
不利な条件が重なっているので、騒音計の計測値が大幅に小さくなるという意味での静音化
では無いですが、不快な音が少し無くなるだけでも、 気持ちが良いですし、ひとクラス上の
車に変わったような気分になります。

 以下は、同じトコットを所有されていて、同様な症状で不快な思いをされている方へ、
ご参考になればと思い、弊社で行った対策のご紹介です。


(注1)自動車の快適性は、NVHの3項目で評価されます。

・騒音 (Noise) :ロードノイズや風きり音など外部から侵入する音
・振動 (Vibration) :エンジンなど、動いてる各部から発生する振動
・ハーシュネス (Harshness)

:立て付けの悪さが原因による不快な、ビビリ音やきしみ音



(注2)排水性舗装または透水性舗装の表面です。

 排水性舗装または透水性舗装の表面は、
 直径約1センチ程度の砂利を、「雷おこし」
 のように、アスファルトを絡めて押し固めて
 あります。
 水は砂利の間を通って流れるため、
 水たまりができなようになっております。

 写真下側は側溝のコンクリート部分です。




(1)コラムカバー

 運転者に一番近いコラムカバーは、ボデーが振動すると同時に、大きなビビリ音を発します。
そこで、EPSコンピュータ(黒プラカバー部)とコラムカバー(下)の間を、広い面積で突張る
ように、布や発泡ゴムのパッドを強く挟むことによって、コラムカバーが振動しないようにします。

 左図は、コラム部をアクセルとブレーキの
 操作ペダル側からステアリングホイール
 側を見上げたものです。

 
 尚、布の場合は、振動で位置がずれない
 ように、外側を滑り止めシートで捲くと
 位置が安定します。

 




ダッシュボード付近からの音は、全てキャビン(客室)側が発生源のように感じますが、
案外、エンジンルームからのものが多いものです。
そのため、先ず、(2)〜(10)のエンジンルーム側の音を解消して、
次に、キャビン(客室)側の対策をしないと、いつまでも静かになりません。



(2)カウルトップ カバー
 カウルトップ カバーは、左右側はクリップで 、前側はカウルトップ カバーから突き出たツメ
をボデーの板金に嵌めることで、後側はガラスの下端に嵌めることで、それぞれ固定され
ていますが、いずれも、しっかり固定されておりません。
 しかも、下図の上側のように、カウルトップ シールラバーとボンネットの間には
大きな隙間
が有りますので、ボデーが上下振動をすると、カウルトップ カバーも上下に振動し、
カウルトップカバーとボデーの間が開いたり閉じたりして、ビビリ音が発生します。
 そこで、下図の下側のように、
カウルトップカバー前側に 「突張りスペーサ」を取り付けて、
ボンネットがカウルトップ カバーをボデーに強く押し付けることによって、
二つが常に密着するようにします。
 

  (2) カウルトップ カバー(前側)
 カウルトップ カバーの前側に「突張りスペーサ」を取り付ける作業は、カウルトップ カバーを
ボデーに取り付けた状態で出来ます。


 「突張りスペーサ」を取り付けた状態です。
 
 この形状やフード(ボンネット)で押さえる
 ということに拘る必要はありません。
 要はカウルトップ カバーとボデーとが
 常に密着すれば良いです。

 しかし、走行中に落ちて、後続車が事故を
 起こさないようにする配慮は必要です。
 
 

 突張りスペーサは5個取り付けました。

 両端と中央の3個だけでは、
 完全にビビリ音は消えませんでした。
 カウルトップ カバーは大きな力で振動する
 もののようです。

補足
上記の突張りスペーサを取り付ける前に、カウルトップカバーとボディーの間の全幅に
ソフトテープを貼ってください。
このテープが無い場合には、ここでのビビリ音は完全に消えません。
また、確実に貼られたかは、カウルトップカバーを上下させて、
カタカタと高い音がしないことで確認します。




(3)ボンネット解除ワイヤー

 運転席右横のボンネット解除レバーから車両前部のボンネットロックまでの間に、
自転車のブレーキワイヤーと同じ構造の、ボンネット解除ワイヤーがあります。
 このワイヤーの黄色破線の部分は、ボディーとフェンダーの間なので、外から見えませんが、
黄色矢印の方向に振動して、ボディーやフェンダーに当たり、その当たる音がダッシュボード
右側のビビリ音として聞こえます。

 そこで、黄色破線の部分が弛んで
 ブラブラ遊ばないように、ワイヤーを
 強く引っ張り、ワイヤーがボディーの穴を
 通る赤矢印のところに、発泡ゴムなどの
 クッション材を押し込んで、ワイヤーが
 動かないように固定します。










(4)ボンネット解除レバー奥コネクタ

 運転席の右横のボンネット解除レバーの奥に少し大きなコネクタが在りますが、
このコネクタの組み立て部にガタが有るため、振動すると、ビビリ音が発生します。

 コネクタ全体をソフトテープなど
 粘着テープで捲いて、ビビリ音が発生
 しないようにします。









(5)ダッシュパネル アウター インシュレーター
 エンジンルームとキャビン(客室)を隔てるダッシュパネル(隔壁板)のエンジンルーム側には
断熱と遮音をするインシュレーターが取り付けられていますが、取付はダッシュパネルのネジに
引っ掛けてあるだけで、強く密着していません。
 そのため、アクセルを軽く踏んで、ゆっくり加速を始めるときに、エンジンが少し震えますが、
その時、インシュレーターの端が振動して、パタパタとダッシュパネルに当たる音がします。

 この音が出ないように、インシュレーターの
 端をダッシュパネルにテープで止めておき
 ます。
 (矢印の緑テープ)

 尚、この音が止まっても、エンジンの震え
 が無くなる訳ではありません。
 相変わらず、エンジンの震える音は聞こえ
 ます。





(6)エンジン コントロール ユニット (ECU)
 エンジン コントロール ユニット (ECU)本体は4本のネジで取付金具に取り付けられて
いますが、その取付金具はECUの下側だけでダッシュパネルに取り付けられています。
そのため、上記のダッシュアウター インシュレーターが振動すると同時にECUも揺れて、
音程は低いですが、ビビリ音が発生します

 そこで、ECUとダッシュパネルの間にクッションを入れて揺れないようにします。
これにより、エンジン音やCVT音が、濁らずスッキリ、気持ち良く、聞こえるようになります。

 厚みが約20mm程度の、発泡ゴムなどの
 クッション材をECUとダッシュパネルの間
 に押し込みます。
 場所は、コネクタより下で、ECUの上部に
 します。
 ECU背面の下側は、ヒートシンクになって
 おり、また、大気を取り込むセンサの穴も
 あるようです。ご注意ください。

 ECUは、バッテリーの後の下側にあります。
 




(7)ボンネット クッション
 ボンネットは、車両前方の中央でロックされ、さらに、左右の高さを安定させるために、
車両前方の左右にボンネット クッションが設けられていますが、ボンネット ロック時に
ボンネットの左右がボンネット クッションに接していない場合は、走行時にボンネットが
揺れて音が出る場合があります。
 そこで、ボンネット ロック時に、ボンネット前方の左右を手で下に押して、遊びが無いことを
確認します。
遊びが有る場合は、ボンネット クッションを回して高さを調整して、遊びが無いようにします。

  車両前方の左右にボンネット クッションが
 あります。
(↑クリックで拡大します。)

  ボンネット クッションは、左右ほぼ同じ
 高さに調整しますが、ネジ部の嵌め合いが
 緩いので、フードを開けたときにウッカリ
 触ると回ってしまい、高さが変わります。
  そこで、ボンネット クッションのネジ部
 に配管の漏れ防止に使う、テフロン材の
 シールテープを巻いて、容易に回りにくく
 します。

 
  上記のボンネット クッションの高さ調整を
 しても、下の(8)左右ボンネットクッション
 を追加しても、走行時にスピードメータの
 裏側からビビリ音がします。
  原因は、ボンネットロック機構の遊びです。
 ボンネットロック機構は、ロックレバーが
 ロック位置に嵌まるときには、少し隙間が
 必要です。
  そして、ボンネットクッションの材料はゴム
 ですが、硬くて弾性が無いので、ロック時
 にボンネットを上側に強く押し上げる状態
 になる位置には調整できないのです。
  そこで、ボンネット クッション上部に厚み
 約3mm のゲル製の耐震マットを取付て、
 ロックした時に圧縮された耐震マットが
 ボンネットをできるだけ強く押し上げる
 ように、少し高めに調整します。
  また、耐震マットの両面は粘着するように
 なっているので、ボンネットに貼り付かない
 ように、上部にビニールなどのフィルムを
 貼ります。


ご注意
 以上の作業により、ボンネットを閉めるときの力も大きくなりますので、
ボンネットの変形を防ぐため、ボンネットをロックするときは、ボンネットの上を
手で押すのではなく、ボンネットの前側を20センチ程度開いた状態で手を離し、
ボンネットを自重で落とすことによってロックするようにしてください。




(8)左右ボンネット クッション追加

 上記のように、ボンネットにはボンネット クッションが既に設けられていますが、
確実に振動を少なくするために、車両の左右側に発泡ゴムを貼って
ボンネット クッションを追加します。
この追加により、ボンネットの振動がさらに小さくなり、車内の音も少し静かになるように
感じられます。


 車両前方の左右に発泡ゴムを貼り
 ます。

 黒色の発泡ゴムの寸法は、長さ約50mm、
 幅25mm、高さ20mmです。

 高さ20mmでボンネットは発泡ゴムを
 少し押さえるように接触しますが、
 さらに、少し強く押さえるため、その上に
 厚さ5mmのソフトテープを貼りました。
 ソフトテープは強く押さえると厚さ1mm位
 になりますので、実質的な全高さは
 21mm程度になります。
 最初は20mmにして、ボンネットの高さと
 左右フロント フェンダーとの段差の状況
 で判断してください。




(9)ボンネット インシュレーター
 (遊びがあるので、念のための作業です。)
 ボンネットの内側には、断熱と遮音をするインシュレーターがクリップで取り付けられ
ていますが、しっかりと固定されていませんし、四隅には支えも無くブラブラと遊んでいます。
 そこで、インシュレーターの四隅が少し持ち上がるように、フードにソフトテープを貼ります。


(↑クリックで拡大します。)

 四隅に厚さ約5mmのソフトテープを貼り
 ます。


(↑クリックで拡大します。)

 


(↑クリックで拡大します。)

 クリップの寸法に対してボンネット
 インシュレーターの厚みが薄いので、
 少しガタガタします。
 そこで、クリップの下に発泡ゴムを3mm
 程度に薄く切ったスペーサを入れます。

 尚、クリップは非常に外し難いので、
 脇から発泡ゴムの小片を押し込んでも
 同じ効果です。



(10)ボンネット ステー 
(遊びがあるので、念のための作業です。)
 ボンネットを閉めるときは、ボンネット ステーの先端はボンネット ステークランプにしっかり
保持されているのですが、ボデー側は支点の穴に緩く入っているだけで遊んでいます。
 そこで、ボデー側も遊ばないようにします。


(↑クリックで拡大します。)

 


(↑クリックで拡大します。)

 ボデー側の金具に厚手のソフトテープを
 数回巻き、ボンネット ステーが横向き
 になったときにソフトテープが押して
 ブラブラ遊ばないようにします。




 




(11)リア シートベルト リトラクター

 少しデコボコしたところを走るときに、後部から「コトコト」と原因不明の音がするときは、
車両右側 後方のリア シートベルト リトラクター(巻取器)の揺れが原因です。


(↑クリックで拡大します。)

 後部座席の背もたれを前に倒し、車両の
 右側のカバーを外します。
 クリップは、小さいものが8個、大きいもの
 が1個です。
 専用工具が無くても、マイナスドライバーで
 容易に外れます。


(↑クリックで拡大します。)

 シートベルト リトラクターは比較的重いもの
 ですが、下側にある一本の取付ネジで固定
 されているため、上側が揺れやすくなって
 います。
 そこで、リトラクターの右側とボデーの間に
 詰め物をして揺れないようにします。
 左写真は、赤矢印部に厚さ約20oの
 発泡ゴムを入れました。
 
 *シートベルト リトラクターは、安全のため
  の重要な部品です。
  詰め物がリトラクターの動作の支障になら
  ないように、取付場所には充分気をつけて
  ください。
  



(12)リア シート

 人が座っていないときにだけ、 リア シートから「カタカタ」という音がする場合は、
リア シート座面下側の金属パイプとボデーが直接当たっていることが原因です。


(↑クリックで拡大します。)

 リア シートの左右端の、座面フレームの
 金属パイプとボデーの間にウエスなどを
 挟んで、直接当たらないようにします。


(↑クリックで拡大します。)

 白いウエスを挟んだ様子です。



(13)その他

 以上のビビリ音対策が終わりましたら、次はキャビン(客室)内の静音化ですが、
ネットで「車両 静音化」で検索をすると、すぐに出てくるのが下記の商品です。
ご参考までに、弊社で試用した結果です。

 ・  「エーモン 静音計画 ビビリ音低減モール ダッシュボード用」

   この商品をトコットに取り付けましたが、トコットには、この取付部の少し下側に
   クッションテープが既に貼られているため、その効果は感じられませんでした。


 ・ 「エーモン 静音計画 ロードノイズ低減マット(L) 約480×1300mm 1枚 2661」
    前席フロアマット下に使用します。
 ・ 「エーモン 静音計画 ロードノイズ低減マット(M) 約480×450mm 2枚 2660 」
    後席フロアマット下に使用します。

  測定器で測った訳ではないのですが、周波数の高い音が少なくなるようで、
  少し静かになったかな?と感じられました。
  予算が許せば、作業も簡単なので、試す価値はあります。



(14)使用材料

 ・ ショックノンテープ (幅)25mm x (厚さ) 20mm ネオプレン発泡ゴム
 ・ 防水ソフトテープ  (幅)30mm x (厚さ) 5mm ニトムズ E0332 特殊発泡ゴム
 ・ 養生テープ
 ・ ゲル材の耐震マット(100円ショップで購入)
 ・ 滑り止めシート(100円ショップで購入)
 ・ ウエス